氣エネルギーセミナーはいつも面白い

先日の日曜日に氣エネルギーセミナーを開催しました。

いつものように少人数で和気あいあいでした。

特に今回は音の可能性を感じるべく、いろんな楽器などで

その振動、波動を感じ楽しみました。

まずはシンギングボウル、といっても家にあるおりんで代用です(笑)

キーンとなる高振動が上部のチャクラ(特に第6、第7チャクラ)を刺激しますね。

続いて、ハピドラム。チャイムのような響きが心地よいですね。ちょっとした頭痛など

これで簡単に解消します。

Kさんの持ってこられた音叉もまた癒しの振動でしたね。浄化に最適ですね。

そしてMさんは二つ持ってこられました。一つはおりんを二つ重ねたような不思議な

シンギングボウル(名前を忘れてしまいました(汗))

それから今回のメイン楽器、ライアー(タオライアー)です。ハープのような弦楽器ですが、

タオライアーは横に倒して奏でる珍しい楽器です。弦を爪弾くと本体も振動して演奏者

に心地よい波動が伝わります。これは治療にも使えますね。素晴らしいと思いました。

音、振動のもつ可能性を今回はよく感じました。これらをどうやって使っていくか、それを

考えるのもまた歓びになりますね。

宇宙語を喋ったり、オーラを見たり、今回も盛りだくさんで皆さんに喜んでもらえました。

さて次回はどんなセミナーにしましょうか。

8月も月末に開催予定ですので興味のある方は気軽にご参加くださいね。

無事これ名馬

ちょうど20年前に当社に転職してきたTさんが先日定年を

迎えられました。

かく言う私も転職組で、20年前に入社しました。

Tさんとはわずか一週間違いの入社でした。

年齢は違いますが、同じ釜の飯を食ってきた仲間、

今回の定年退職には感慨深いものがありました。

Tさん最後の挨拶は素晴らしかったです。

20年のほとんどを出荷係として頑張ってこられました。

決して華々しい活躍はなかったが、「無事これ名馬」を知って

いただきたい旨の挨拶をされました。

見かけは地道と言う言葉しかでてこない、Tさんの会社員人生でしたが、

この地道はとても凄いことです。

波乱なく、怪我なく無事に走り終えた素晴らしさです。

波乱万丈を乗り越えた人生はしばしば賞賛されますが、

危なげなく走り終えることは難しいことだと思います。

Tさん、ご家庭では様々な試練があったようですが、

会社では平然と仕事をされ、苦労を見せませんでした。

淡々とアベレージを出していく生き様もまた名馬に違いありません。

それぞれの道に優劣なく、みな素晴らしいですね。







好奇心

新しいことが好きです。

タイムマシンに乗れば必ず未来に行きます。

地球を卒業したら、初めての星に生まれ変わるつもりです。

異次元を移動し、未知なる空間を体験したい。

それが私の個性でしょう。

超科学の世界を垣間見たいですね。

それがワクワクの源泉。

進歩と調和を超えて大自然に入っていきましょう。

子供のような心で臨みます。

ティータイムは楽し

先日、夕方から友人達とお茶しました。

ただのお喋りタイムですが、内容は濃かったです。

スピ系の話がやはり中心。

いろんな話の中で、意識したのは個性を持った各人の力を

合わせるということでした。

ひとりでは負けそうなことも、皆で力を合わせれば

大きな力となり、達成できるということ。

力が分散することは多いですよね。

自己顕示欲や嫉妬、蔑視などなど、枚挙にいとまがありません。

一つにまとまれない要素は多いですが、ここは踏ん張って

寄り添い力を合わせることを考えたいものです。

ちょうどオーケストラが指揮者に合わせてハーモニーを奏でるように

力を増幅させていく。ばらばらの音が一つになっていく。

そんな感じが持てれば、個人では難しいと思われることも

意外と簡単にできるものです。

心をプラスに建設的に働かせることが肝要でしょう。

リスペクトの精神が鍵になりそうです。

そんなこんなと話しながらのティータイム、

楽しみながら奥の深い話をするのがいいんですね。


お知らせ

氣・エネルギーセミナー開催します

日時:7月27日(日)午後1時00分~4時00分位

場所:東大阪市、近鉄枚岡駅または瓢箪山駅から徒歩7~12分程度、
    平田宅

講師:平田光司

氣エネルギー(宇宙エネルギー)を感じて、使っていこうという
アットホームなセミナーです。
氣功、ヒーリング、不思議な話、オーラ視、宇宙語など皆さんの
興味に合わせて行います。
初心者、ベテラン問わず興味のある方は誰でも参加できます。

参加希望の方は下記の平田携帯にご連絡ください。
なお、後ほど開催場所の詳細をエクセルファイルでメールしますので、ファイルを
受け取れるパソコン等のアドレスも合わせてお知らせください。

募集人数: 6名程度 終了しました。 参加費:2000円

kvision2@ezweb.ne.jp

多賀大社に行ってきました

日曜日に滋賀の友人達と多賀大社に行ってきました。

琵琶湖周辺にはよく行きますが、多賀大社には今まで

一度も行ったことがなく、今回初めて参拝できました。

伊邪那岐大神、伊邪那美大神を祀る古社で、境内に入った

瞬間、凛としたエネルギーが感じられ神格の高さが窺われました。

最近のことなど色々とご報告しましたら、”そのまま心していきなさい”

とのメッセージを受け、威厳のある波動を感じながら有難くお言葉

頂戴いたしました。

厳しさのなかに優しさが感じられる多賀大社、再度訪ねようと思います。

今回ご一緒いただいた皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

また不思議話いっぱいしましょうね。それからワークもやりましょう。

次回の滋賀探検楽しみにしています。

グループセッション

土曜日はグループセッションの日でした。

お友達4人で来ていただき、今回も楽しく濃い

セッションになりました。

皆さんと面識がありましたので、エネルギーの交流も

ほんとに自然で、宇宙の流れに沿ってましたね。

グループセションは通常のセミナーとは違い、講義はちょっと

少なめですが、個々のやりたいことや喋る時間もとれますので、

その分体験型になりますね。

私自身、いろんなかたちで氣エネルギーを表現でき勉強になってます。

今回ご参加いただいたMさん、Yさん、Mさん、Fさんありがとうございました。





パステルの日

先日の日曜日はパステルの日でした。

いつも氣エネルギーセミナーをしている私の実家に

パステル画の講師をされてい凛さんと桜さんにお越し

いただき手ほどきを受けました。

初パステル画はなかなか楽しかったです。

たとえば、パステルのことを知らない私は、いきなりクレヨン出してきて、

皆で大笑いです。これじゃなかったのねと・・・(汗)

当然のことながらお貸しいただいたパステルで描かせていただきましたよ(笑)

それでは作品を見てみましょう。

パステル画
    左、桜さん      真ん中、凛さん       右、私     の作品です。

やはり個性がでますね。凛さん、桜さんはさすがにきれいですね。円の描き方が素晴らしい。

私はシンメトリーを好まない性格がでてますね。面白いです。

この時の様子は、桜と凛さんのブログ http://ameblo.jp/aj0jma/

で紹介していただいてますのでご覧下さい。

とにかく内容濃すぎの楽しい時間でした。

凛さん、桜さん、ありがとうございました。

懲りずにまたパステル画の手ほどきお願いしますね。



出会いの日

今日は夜空を見上げても雲が厚くて星が見えないなぁ。

七夕なのにね。

こういう時は思い切り心眼を開いて見るに限ります。

きれいな天の川が見えてきますでしょ。

織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)もよく見えます。

デネブを入れて夏の大三角関係?(笑)ですね。

今夜は夢の中でマイUFOに乗って近くまで行きましょう。

何かいいことありそうです。



さて、先週末はいつも遠隔ヒーリングを受けていただいてるMさんと

ゆっくりお話できる機会がもてました。

メールでのやりとりではなかなか伝えられないことも、

会ってお話すると深く入れますので嬉しいですね。

あらためてMさんのお人柄がわかり、またエネルギー交流もできて

私の魂もふるえました。

スピリチュアルな話、悟りの話など話題が尽きませんでしたね。

出会いに感謝いたします。

Mさん、お忙しい中ありがとうございました。

またじっくりとお話しましょう。




歴史って何だ?

時間について考える時、いつも思う。

歴史って何だって。

文明の変遷、進化、退化、次元移動・・・・

地球時間が流れてる。

本当に不思議だ。

初めて聴いた時一瞬思考が停止した曲をどうぞ。

どっちが好きだろう?(笑)

レキシの”狩りから稲作へ”

地球上陸(妄想編)

地球三次元での話。

はるか昔、レムリア大陸(現在の太平洋からインド洋にかけてあった)に

文明が始まりかけている頃、私達の乗った大型宇宙船はこの大陸の中央

付近に着陸しました。 
 
25光年先にある故郷こと座のベガ星よりやって来ました。

(注:霊体ではなく物理的に来ました)

5次元空間を通って来たので、実際には時間はほとんどかかっていません。

物理的時空は近いものの、新天地に赴く気持ちは地球人も宇宙人も同じです。

新しい生活への希望と好奇心に満ちて、地球に降り立ちました。

目的は地球文明発展を促すためででしたが、それは表向きで、すでに入植していた

他星人へのけん制の意味合いが強かったと思います。

レムリアに降りたのは約150人、多くは南部(今の南太平洋辺り)に向かいました。

私を含む35名は北部に向かいました。その時の私の名はラルフィン。

中肉中背の男性で、すでに地球人に似た姿になっていました。

ラルフィン行くぞという仲間の声が思い出されます。

この時のビジョンはここまで。

今後、その先の展開がわかることもあるでしょう。

その時は、妄想続編お楽しみ下さい。

プロフィール

ひらた

Author:ひらた
プロフィール
氣・エネルギー研究会代表
好きな時に好きなことを好きなだけ
やるのがモットー。
エネルギーの不思議を研究するのが大好き。
ヒーリング、個人セッションもさせていただきます。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Visitor