占術と医術セミナーに参加しました

日本易学連合会 京都支部主催の「占術と医術」セミナーに

行ってきました。

講師は京都支部長の坂尾泰貴先生です。

命卜相医山(下記参照)の話から始まりました。これら五術は密接な関係があります。

占術と医術は本来区別できないもので、同根なんですね。

中国五術のこと。「命」は命術のことで、生年月日時を用いて、個人の性格や一生の運命、及び他人との相性を占う方法。主なものとして、西洋占星術・四柱推命(八字)・九星気学・紫微斗数・インド占星術などが挙げられる。「卜」は卜術のことで、偶然にあらわれた象徴を用いて、事柄や事態の成り行きを占う方法。主なものとして、周易・断易・梅花心易・タロット・ルーンなどが挙げられる。「相」は相術のことで、対象の姿・形から、その人の状態や運勢を占う方法。主なものとして、手相・人相・姓名判断・風水などが挙げられる。「医」は中国医術のことで、鍼灸・漢方・方済・整体術・手当などが挙げられる。「山」は大地自然の気を貰うことによって習得する術の総称で、気功・呼吸法・食事療法などが挙げられる。

これで見ると私のやっている氣功が「山」に属すようにみえますが、
私の考える氣功はエネルギーを扱うことですので、全ての根幹になって
いると思っています。


それはさておき、坂尾先生(貴輝クラブの白川先生)の

お話は本当に刺激的でした。

本来医術には感謝や祈りが入っていることも教えていただきました。

現代医学にそれが伝わっているか疑問ですね。

内臓に始まり、方角、季節、気候、色、味、感情に至るまで

陰陽五行で説明されたのには驚きでした。私流の言葉では面白スゴイです。

これで初級?

奥の深さが底知れない・・・・。

次の話が聞きたくなってきました。

知性、理性、感性、悟性を総動員して研究していきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらた

Author:ひらた
プロフィール
氣・エネルギー研究会代表
好きな時に好きなことを好きなだけ
やるのがモットー。
エネルギーの不思議を研究するのが大好き。
ヒーリング、個人セッションもさせていただきます。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Visitor