2013.11.23 扉のむこう
たとえ世界中を旅して知見を得ても、

最後にたどりつくのは我が思い、我が心になってきます。

我思う故に我ありはデカルトの言葉ですが、

やっと自我に気づくことになるのでしょう。

自我の先に行くためには、自分を持っていては

いけないのかもしれませんね。

現在、ただ在るを調査中です。

真我の扉の前にはよく来ます。

嬉しい気分で、周りが光って見えます。

生命を感じるひとときですね。ただ嬉しいです。

その先には何があるのでしょう。

宇宙即我の世界、ワンネスの世界を知っています。

感じています。でもそんなレベル。

友人が言ってました。

扉なんかないんだよって。

未知なるものがあるのは有難いことですね。

ますます楽しみです。
Secret

TrackBackURL
→http://kvisionfc2.blog.fc2.com/tb.php/131-bd0f87aa