お能の鑑賞

土曜日に京都観世会館にてお能(春の梅若能)を鑑賞してきました。

今回の演目は、能「采女」と「善界」、狂言「笋」でした。

初めてのお能の鑑賞でしたが、能楽の声、鼓、笛の音の振動

や演者の所作、呼吸が素晴らしく心に響きました。

天界の振動で浄化される感じでした。

おそらく体の細胞に響くのでしょうね。


能「采女」のシテは以前、お能の講話会でお会いしたことのある

井上和幸先生でした。日頃一日も休まず稽古に打ち込まれている

先生の謡、動き、所作は素人目にも凄さがわかりました。


今回縁あって参加させていただきましたが本当に良かったです。

お誘いいただいたKさんはじめ皆さんに感謝いたします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひらたさん、おはようございます^^

お能テレビでしか観た事ないんですが好きです。
なんだか体が気持ちよくなります。

知人がお能を習っていて舞台も立ったりしていて、
あるとき急に仕事辞めて極めたいって、
京都に行っちゃいました。
随分前のことでしたが、記事見て思い出しました^^

No title

なおさん

お能は相当奥が深いと思います。
板につくとは、お能から来た言葉だと
以前教えていただきました。
板の上でスムーズに動くのに
10年はかかるとのことでしたよ。
極めるというのは凄いですよね。

プロフィール

ひらた

Author:ひらた
プロフィール
氣・エネルギー研究会代表
好きな時に好きなことを好きなだけ
やるのがモットー。
エネルギーの不思議を研究するのが大好き。
ヒーリング、個人セッションもさせていただきます。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Visitor