2013.02.23 気との出会い
私が初めて”気”に気づいたのは約25年前。当時、武道である日本拳法をやっていた時で、色々と勉強してる中で

中国武道では気を使って修練してることがわかった。気とはいったい何ぞやと書物を読みあさり、どうも気は手か

ら良く出るらしいこと、エネルギーであることなどが少しづつわかり、実際に手から気を出す訓練を開始した。

両手を7~8センチ位に向かい合わせ、その間に何か感じてみる。これが気との出会いだった。

たぶん私にはそれなりの素質があったのだろう。割と簡単に両手の間に温かい感覚を得、徐々にその感度と強度

を増していった。つづきはまたの機会に。
Secret

TrackBackURL
→http://kvisionfc2.blog.fc2.com/tb.php/2-3657e79a