祖父のこと

私の母方の祖父は滋賀県のお寺の住職でした。浄土真宗のお寺で、日曜日には日曜学校といって、

近所の子供たちを集めては講義していたのを思い出します。子供の頃は学校の休みになるとよく

帰省していましたので、私もそこに混じって阿弥陀経やら般若心経やらを読経していました。

今はどんな話だったかすっかり忘れていますが、子供にもわかるような講話も聞かせてもらって

いました。マンツーマンで教えてもらうことはあまりなかったように思いますが、ある時祖父に呼ばれ、

本堂で私の名前について教えてもらいました。お前の名前はこう書くんだと、黒板に大きく私の名前を

漢字で書いてもらい、意味も教えてもらいました。小学生になったばかりの私は始めて見る漢字の名前に

不思議な感じがしたのを覚えています。祖父は名前の中に光があることを大変喜んでくれました。

それ以来私は自分の名前に誇りをもっています。喜んでもらえる人がいる。素晴らしいことですね。

子供への教育は、こんな何気ないことが大事なんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひらた

Author:ひらた
プロフィール
氣・エネルギー研究会代表
好きな時に好きなことを好きなだけ
やるのがモットー。
エネルギーの不思議を研究するのが大好き。
ヒーリング、個人セッションもさせていただきます。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Visitor