私がまだ学生だった頃、ある先生から聞いた話です。

どこまでも見える超高倍率の望遠鏡で宇宙をのぞいたら何が見えるかという話です。

答えは何だと思いますか?

先生曰く、自分の後頭部が見えるそうです。びっくり仰天、そしてなるほどと思いました。

たとえば家からある方向へまっすぐ歩いて行くと、最後には地球を一周して我が家に戻って

きますよね。それと同じ理屈で宇宙を回って自分の後頭部が見えるというわけです。

宇宙の大きさは有限だけど果てがないと言われるのも、なんとなくわかる気がしますね。

しかしこれはあくまで3次元の話、高次元の宇宙は想像をはるかに超えた世界でしょうね。

さて、どうやって探求しましょうか・・・・
Secret

TrackBackURL
→http://kvisionfc2.blog.fc2.com/tb.php/34-7e549e2c