地の氣で温まる

やっと朝晩冷え込む日がでてきました。

油断すると手足が冷えてしまいますね。

私の場合、夏場は体が熱いときが多いので、

取り入れる氣エネルギーはもっぱら天の氣です。

さわやかなエネルギーですので、体は温かくなるものの

気温による暑さのような感じはしません。

逆に冬場は体が冷えますので、温めるべく、

まず地の氣を取ることが多いです。

日本列島は各地に温泉があるようにマグマの活動が活発ですので、

地の氣はやはり暖かく感じます。

これを有効に使って体を温めます。

特に冷え性の方は地の氣を積極的に取れば楽になると思います。

取り方は、足裏の湧泉から地球のエネルギーを引っ張り込む感じで

吸気とともに丹田まで吸い上げてください。

氣感が乏しい方でもイメージだけで十分効果がでると思います。

上手く取れれば、丹田が熱くなり体全体も温かくなります。

氣功の基本的なトレーニングにもなりますので、

これからの季節の寒さ対策にやってみてください。

”地球のエネルギーを吸い上げる”ですよ。

ご近所さんと氣功しました

今日はひょんなことから、実家の近所のご夫婦に氣功を

体験してもらう運びとなりました。

お二人は詩吟などもされている年配の方ですが、

私が氣功をしていることを知り興味を持たれたようです。

氣功を全く知らない正真正銘の初心者でしたので、

氣功や氣エネルギーの説明には若干苦労しました。

それでも氣エネルギーの受け取り方を教えつつ

体験してもらうと少しずつ氣感もでてきて、

これが氣エネルギーかと分かってもらえたようです。

ご主人は腰が痛いとのことでしたので、氣功施術もしてあげました。

あっという間に痛みがとれてびっくりされてましたね。

これくらいのことは自分で簡単にできますよと、

その方法も教えてあげました。

一時間程度の簡単な体験会でしたが、

私自身、教えることの難しさを再認識した貴重な体験でした。

今後、こういった個人的な体験会やセッションも企画したいと思います。



職場で氣功

先日、部下の一人が体調不良を訴えてきました。

お昼ちょっと前のことで、腹痛と吐き気のため昼から

早退したいと言ってきました。

そこで私の出番です。

ちょっと来なさいと別室へ(かなり怪しい?)

丸イス一つ出してきて、座らせて、ヒーリングの開始です。

まずはお腹の第3チャクラから悪い気をグイグイ抜いていきます。

大体抜けたら、次は逆に氣エネルギーの注入です。

体が暖かくなったところで、クラウンチャクラ(第7)から全身に

氣エネルギーを通します。

最後に全体のオーラを整えて終了。

所要時間約10分、本人曰く、痛みが急に軽くなり、

気分も良くなってきたとのことでした。

そして、昼からは更に回復して、早退せずにすみました。

氣功ができると何かと便利なもんです。

みんなハッピーになれますからね。

誰にでもできるのが氣功ですので、

多くの方に学んでもらいたいですね。

氣エネルギーの効果的な取り込み

氣エネルギー(宇宙エネルギー)を効果的に体に取り込み、

自身の内氣を整えたり、他者への外氣功として使うため、

私自身今までかなり試行錯誤してきました。

ある時はすんなりと氣エネルギーを流すことができましたが、

またある時は上手く使えず頭を悩ませました。

呼吸法は言うに及ばず、体の使い方も工夫してきて、

今は以前と比べて格段に氣エネルギーを扱えるようになっています。

では、どうしたらそうなるのか、その秘訣を問われたら、

まず一番に”アファメーション”をあげさせてもらいます。

アファメーションとは「断言」のことです。

例えば、私の体に天の氣を取り込みます、と断言すれば、

実際に天の氣が入ってきます。言葉に出すと更に強調されていいですね。

アファメーションは氣エネルギーの扱いに限らず色んな場面で使用できます。

私は楽しいです、と断言すれば楽しくなりますし、幸せです、と断言すれば幸せになります。

癒しの高次元気功のみやび先生はいつも「世界一の幸せ者あふれる愛を与えます」

と断言して施術されていて、そのとおりになっています。

思いをコントロールすれば、そのとおりの事象が起こってくるのですね。

故に自分にも他人にも良い思いを出していくのが肝要でしょう。

エネルギーの扱いに苦労されてる方は、まずはアファメーションして下さいね。

必ず上達します。





氣エネルギーの動き

氣エネルギー(宇宙エネルギー)はどのように動くのか?

結論から言ってしまうと、氣エネルギーは思いどおりに動きます。

思いどおりとは、自分の意識や思いに従い氣エネルギーが動くということで、

どう意識するか、どう思うかが大切になってきます。

人は毎日、たえず色んなことを意識し、思い、考えていますが、

それはあまりにも泡沫的でまとまりのないことが多く、

氣エネルギーは迷走状態になっています。

氣エネルギーを上手に使うには、どうしたいのかを明確にする

必要があります。

心のコントロール(意識、思いを定める)が決め手です。

願わくば道理に従い、自他ともに良くなる方向でコントロールして

いきたいものです。





プロフィール

ひらた

Author:ひらた
プロフィール
氣・エネルギー研究会代表
好きな時に好きなことを好きなだけ
やるのがモットー。
エネルギーの不思議を研究するのが大好き。
ヒーリング、個人セッションもさせていただきます。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Visitor